お部屋の面積の表記について

カテゴリ:不動産豆知識

こんにちは、金城(光)です(^ω^)

お部屋を探す際、価格や立地と同じくらい気になるのが広さ(面積)かと思います。

やっぱり広いといいですもんね♪

ただ、よーーーく見てみると・・・

以下のような見慣れない言葉が書いてあったりします。

「内法」・「壁芯」

内法(うちのり)、壁芯(かべしん・へきしん)と読みます。

↑の画像を見て頂けるとお分かりのように、測り方に違いがあります。
壁芯だと壁の厚みの分が床面積に加算されてしまうため、実際に使用できる部分よりもやや大きな面積が表記されることになります。

しかし、物件情報では後者で表記されてることが多々あります。

ではなぜこのような表記をしてるかというと、建築基準法で定める床面積の定義に理由があります。

「壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積」

上記のような形で定められてるため、どうしても面積に関しては壁芯で記載されてることが多くなってしまいます。
もちろん内法での表記もあったりしますので、面積をご覧になってどっちか疑問に思われた際はお気軽にお問い合わせください\(^o^)/